二日酔いとは

二日酔い対策にはウコンよりもL-システインが良い

翌日まで残ったアセトアルデヒドが原因

定期的にお酒を飲む機会があれば、誰でも一度や二度は経験の有る二日酔い。
飲みすぎた翌日に、頭痛や胸焼け、目まいなどが、アルコールを摂取し過ぎることによって引き起こされるものです。中には、関節に痛みを感じるなどの症状が現れる場合も有るようです。

二日酔いの原因は、アセトアルデヒドが体内に分解されず残っていることが関係しています。摂取したアルコールを分解する過程でできてしまうアセトアルデヒドは、体内に残っていると体の不調をきたす原因となります。

お酒を飲むことで引き起こされる酔いが翌日の続くのが二日酔いではなく、アルコールはすっかり分解されてしまってもアセトアルデヒドが残っている事で起こるのが二日酔いですが、ひとえにお酒の飲みすぎによって引き起こされるというのが一般的な解釈です。

それは、その通りで間違いないと思いますが、お酒を飲みすぎなくても、アルコールを分解する速度が遅かったり、更にアセトアルデヒドの分解に時間がかかってしまうような体質であれば、二日酔いになりやすいことも考えられます。

また、体質だけでなく体調やストレスなどでもそうしたことになりやすいので注意しなくてはいけません。

お酒を飲むと利尿作用が促されますが、それによって体内の水分が少なくなり、アルコール濃度が高くなると酔いやすくなるだけでなく、お酒とは別に水などのような水分を摂取しなければ、脱水状態に近づく一方なので、血中のアセトアルデヒドの濃度も高くなり、二日酔いのリスクが高まります。

二日酔いの症状には具体的にどのようなものがあるのか、少し調べてみると頭痛やだるさのほかに、吐き気や食欲不振、そして筋肉痛などが引き起こされるとのことです。

またこれらの症状に対して、飲酒によって引き起こされるものには、アセトアルデヒド以外にも、酸素不足や脱水状態、アデノシン、メタノール、低血糖症などが関わっているようです。

これは何が原因なのかはっきりさせれば、二日酔いになった時もそれに合わせた治し方があるよですが、出来ることならなってから対策するのではなく、その前の段階でならないように予防策をとっておきたいものです。

そういう意味でも、L-システインのサプリメントを前もって摂取しておくことで、二日酔いの予防を心がければ、そうしたそれぞれの症状に対する対策も必要性が低くなるのではないでしょうか。