ハイチオールCも二日酔い対策に人気

二日酔い対策にはウコンよりもL-システインが良い

ハイチオールCは二日酔い対策として作られた?

キャバクラなどに勤める女性を始めとして、お酒を飲むことで接客しお金をもらう仕事に就いている人も二日酔い対策としてハイチオールCを使用しているというケースは結構あるようです。

ですが、更に調べてみると、美白としてハイチオールCが作られたのではなく、元々は、二日酔い対策として作られたのが先という情報がありました。

当初は中高年をメインのターゲットとして、二日酔いに効く成分が含まれている薬として売り出されたようで、これでも商品の売れ行きは十分だったようです。
ですが新たなターゲットを開拓する目的でリサーチしたところ、なぜか女性を中心に飲まれているということがわかったようです。

そして調べてみると、L-システインがシミやソバカスを予防するのに有効な成分ということがわかり、新たなターゲットとして、女性の美白商品としてシフトしていったそうです。

ハイチオールC黄班を愛しているエスエス製薬のホームページで調べてみると、やはり、二日酔いという症状で薬を探した場合に、ハイチオールCホワイティア、ハイチオールCプラス、ハイチオールCプルミエール、などが掲載されていることからも、実際に二日酔い対策に有効だとわかります。

ただし、配合量を確認してみると、どの種類もL-システイン含有量は1錠60mg程度だったので、ドクターズチョイスのL-システインと比べると、大きく差が開いていました。