サプリメントを比較した場合

二日酔い対策にはウコンよりもL-システインが良い

ドクターズチョイス製なら費用対効果が最良

「どうしてもお酒は飲みたい」でも、二日酔いはできれば避けたい。
このように考えている時、二日酔いの予防としてL-システインのサプリメントを使用したい場合、どこのサプリメントが良いのでしょうか。

まず、L-システインのサプリメントで有名なところと言えば、すぐに思い浮かぶのはハイチオールCではないでしょうか。シミやソバカスを防ぐサプリメントとして、女性を中心に利用したことの有る人は多いと思います。

ハイチオールCの場合、1ボトル180粒入りで一日当たりの摂取量が6粒。
1日分のL-システイン含有量が240mgなので、1粒に40mg含まれていることになります。

それに対して、ドクターズチョイスのL-システインは、1粒に500mg含まれています。
1粒の含有量で比較すると、ハイチオールCの12.5倍となります。

1ボトルで含有量を比較した場合

この時点で、かなり含有量に違いがあることがわかりますが、更に、100粒入っていることを踏まえると、それぞれ、1ボトルでのトータルの含有量は、このようになります。

1ボトルあたりのL-システイン含有量。

  • ハイチオールC:40mg×180粒=7,200mg
  • ドクターズチョイス:500mg×100粒=50,000mg

1ボトルに含まれるL-システイン量で比較した場合、ドクターズチョイス製なら、ハイチオールCのおよそ7倍にもなります。それでありながら、価格も安い。

費用対効果を比較したら、かなりの差になるのではないでしょうか。

ただし、ハイチオールCの場合は、L-システイン以外にもアスコルビン酸、つまり、ビタミンCも配合されているので、その辺も踏まえると少し違いが出てくるのかもしれませんが、それなら、別途ビタミンCのサプリメントを摂取するというのも一つの方法です。

ちなみに、水溶性であるビタミンCのサプリメントを摂取する場合は、タイムリリース製法を用いているものにすることにより、体内で無駄にならず長くとどまることが出来るようです。

ドクターズチョイスのL-システインを飲む場合、1粒に十分な量が含まれているので、お酒を飲む前に1粒、寝る前に1粒の計2粒で十分に二日酔い対策が出来るようです。

トータル70円以下で二日酔い対策が出来るのならば、かなりのコストパフォーマンスではないでしょうか。

コンビニでウコンドリンクを一本買う事と比較しても、かなり安く済ませることができます。飲み終えたボトルを捨てる手間もなくいつでもすぐに飲めることも考えると、利便性でも差を感じずにはいられません。